logo
 
 メインメニュー
 ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
 テーマ選択

(3 テーマ)
 FC3S MAILING LIST
 FC3S MAILING LIST
 BANANA
 ばなな?
トップ >  FCを長持ちさせるコツ >  プラグとプラグコードの抵抗値
キーワード検索
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
KOMI
投稿日時: 2003-5-17 21:17
管理人
登録日: 2003-3-21
居住地: 群馬県高崎市
投稿: 718
プラグとプラグコードの抵抗値
ノーマルプラグ(BUR9EQなど)は5kΩ程度
プラチナプラグ(BUR9EQPなど)は5〜6kΩ程度の抵抗値を持ってい
ます。

ノーマルのプラグコードは16kΩ/m(前期・後期共に同じ)です。

社外品のプラグコードに交換した場合、このノーマルの合計抵抗値よ
り低い値になるとノッキングを誘発する、というのです。

社外品のコードはそもそも抵抗値が低い事を売り物にしているので、
低くなるに決まっています(笑)

私の知識では「抵抗値が低くなる=点火火花が強くなる」ということと
ノッキングが起こる事の因果関係がわかりません。

強い点火火花を出すという事は、失火しにくい確実な点火ができる
という解釈で、たとえば濃い混合気中(かぶりやすい条件ですね)で
あっても、点火できるというメリットがあると思っています。

逆に抵抗値を低くした場合のデメリットは、点火ノイズによる電子機
器への影響です。
わかりやすいところで言えばラジオにバチバチとノイズがはいったり、コン
ピュータが誤作動を起こしたりという事です。

ノッキングは「意図していないタイミングで異常燃焼が発生する」事で
回転が妨げられたり、急激な火炎伝播の衝撃波による部品への過
大な負荷が起こる事なので、点火火花が強くなる事とは関係無いと
思います。

強いて可能性をあげるならば、「ノイズによりコンピュータが誤動作し
点火タイミングが狂ってノッキングを起こす」というぐらいでしょうが、
そうなるとコンビニ状態で常に起こっていそうなものなので、まともに走
らないのではないかと思うのですが・・・

コード自体の耐久性はノーマルのほうがありそうなので(これも明確な
データが無いので見た目の雰囲気ですが(爆))、いじっていなければ
ノーマルコードが一番いいという理屈はうなずけるのですが、ノッキング
云々に関しては納得いく説明が見つかりません。

誰か教えてください。
KOMI
投稿日時: 2003-5-17 21:19
管理人
登録日: 2003-3-21
居住地: 群馬県高崎市
投稿: 718
つけてみます
・・・と言っているだけでもアレなので、実際にNGKのコードをつけて
見る事にします。

我が身をもって検証するのが一番いいでしょう
KOMI
投稿日時: 2003-5-18 0:10
管理人
登録日: 2003-3-21
居住地: 群馬県高崎市
投稿: 718
つけてみた感じ
早速つけてみました。
FC3S用NGKプラグコード RC-ZE02です。

外観はノーマルとあまり変わらず、被服からところどころ顔を出している
コードが青い(ノーマルは黒い)ぐらいです。

昭和63年の車ですから、15年前の部品です。
「これが取り付けられたころ産まれた子供が高校生ぐらいなんだなー」
などと思いながら暗闇の中、手探りでささっと交換してしまいました。

エンジンの始動はもともと良かったので、悪くなっていないからOK。
走り出していきなり違いが・・・
低速トルクが太いです。

特に1000〜2000rpmでのピックアップがかなり向上。
ゼロ発進でのアクセル踏込み量が1/2〜1/3ぐらいになりました。

あと、O/D走行時の加速で、いままでは追い越し加速をしようとする
とすぐにキックダウンしてしまうか、O/Dをカットしないと前に出ませんで
した。
ところが、交換後はトルクが明らかに増加していて、キックダウンする
アクセル踏込み量まで行かなくてもちゃんと加速してくれます。

これなら燃費も向上するでしょう。

ただし、古くなったコードをノーマルの新品に交換しても同じ効果が得
られるかもしれません。

とりあえず、外したノーマルの抵抗値を測定してみることにします。
結果はまた後日。
KOMI
投稿日時: 2003-5-18 0:39
管理人
登録日: 2003-3-21
居住地: 群馬県高崎市
投稿: 718
抵抗値とノッキングの関係
もしかして、「抵抗値が低くなると、スパークするまでの待ち時間が
短くなる」のでしょうか?
ノーマルよりも多く電流が流れるため、放電に必要な電荷に達する
までの時間が短くなる。
その結果、進角と同じ状態になりノッキングが発生する。

という現象ならば、納得できます。

あとは、「放電までのタメ」がATDCで何度になるかですね。
1°変わったら相当の違いですねぇ・・・

※ちなみにノーマルの点火タイミングは
 前期 ATDC Leading 5°     Trailing 20°
 後期 ATDC Leading 5°±1° Trailing 20°±2°
 です。

・・・ということはプラグコード交換をしたらハイオクのほうがいいのかな?
通りすがりのFC乗り
投稿日時: 2004-1-4 16:55
Re: 抵抗値とノッキングの関係
はじめまして、いつも参考にさせて頂いてます。
いつもは読む側ですが、今回は電気系なので少々参加してみようかと思います。
抵抗値とスパークのタイミングと言うことですが、はっきりとは分かりませんが数パターンの考え方があると思われます。
 まず、ECUからの点火信号と蓄電のタイミングです。僕は電気屋なので詳しいことは分かりませんが、点火信号を受信してから蓄電を開始するならば前項のような抵抗値の低下によるスパークのタイミングがずれる可能性があります。ですが、この場合にしても点火タイミングのずれは「1屬料電量」が抵抗値の低下とともに下がります。それによって運搬可能な電荷の量が増加します。しかし、この増加量も微々たる物で「電気の速度≒光速」と言う一般論から考えると、13000rpm等と言う回転数(例)でもない限り大した差は出ないと思われます。
 次にこのパターンでは点火のずれは発生しませんが、常時蓄電で点火信号によってスパークする場合です。この場合、蓄電までの時間が動作に関係しない部分になっているので、スパークのタイミングと蓄電時間の因果関係は考えにくいと思います。

 今回題材になっているスパークタイミングとは直接関係ありませんが、抵抗値の低下とともに、スパークのベクトルはスパーク方向に対してかなり増加すると思われます。それが、燃焼の時に過剰なエネルギーとなるか、不完全燃焼部分まで燃焼させることでハウジングの方に何らかのエネルギーがかかることも考えられます。また、一般に燃料が薄いとノッキングが起こると言われているようですので、慢性的な燃料不足に陥る可能性も考えられると思います。
 
 追記として、コードの交換によってラジオにノイズが混じるほどの通電が認められるのであれば、その際に起こる磁界によってセンサなどの信号に異常が認められたり、センサ本体に故障が発生する可能性もあると思います。ですので、スパークタイミングよりは、周りの補器への影響を考えたほうが答に近づくのではと思います。

 以上が僕の意見です。素人ですので、あまり本気に考えないでくださいね(^^;
KOMI
投稿日時: 2004-1-6 1:34
管理人
登録日: 2003-3-21
居住地: 群馬県高崎市
投稿: 718
Re: 抵抗値とノッキングの関係
御意見ありがとうございます。

ノイズが原因でおかしくなる・・・が濃厚な気がします。
ただ、プラグ自体にレジスタ入りを使っているならば、
そんなにノイズ出るのだろうか・・・という思いも。

誰か実験室でデータ取りした人いないかな・・・
高専の電気科の卒業研究あたりでやらんかな。

どことは言わないが、某栃木県の私の出身校あたりで
やってくれるとうれしいな。

というか、やれ(爆)
RE-77
投稿日時: 2005-5-7 21:10
-100mmHg
登録日: 2005-4-20
居住地:
投稿: 28
Re: 抵抗値とノッキングの関係
プラグコードに関しては今ちょっと悩んでます。
色々調べてみると低抵抗なプラグコードを使用すると
ロータリーエンジンが壊れる原因の90%とか書かれていたりします。

という訳で、今使っているスピリットファイアーのプラグコードから
純正に戻しましたが、低速トルクが細くなってます・・・
特に街乗りで使うトロトロ運転の回転域が・・・
スピリットファイアーのプラグコードは7年くらい使ってました。
プラグは純正の7番、9番を使ってます。

皆さんはプラグコードとプラグはどうされているのでしょう?


通りすがりのFC乗り
投稿日時: 2005-5-9 21:30
Re: 抵抗値とノッキングの関係
久しぶりに書き込みしてみます。
RE-77さん初めまして。mavisと申します。FC3S前期に乗っています。

私の場合、純正プラグと純正コードを使用しています。
knightsportsの中村さんお奨めのであります。
確か今月のknightの書き込みにもあったような…

低抵抗コードを使用するとノッキングがおきやすくなるそうです。
これは、純正の放電システムが放電初期は容量放電、放電の後期では誘導放電になるため、低抵抗コードを使用すると放電が起きやすく、誘導放電が早く終わってしまうため、見かけ上進角した状態と同じことになってしまうそうです。そのため、高ブースト等で使用するとノッキングの原因になるとかならないとか…

純正のプラグコードが抵抗を持っている理由は、放電の後期である誘導放電時に放電時間を長く安定させるためだと思います。コイルに蓄えられたエネルギー(誘導電流)は抵抗が低ければ低いほど電流の持続時間は短くなります。そのため抵抗を直列に入れておくことでその電流の持続時間を長くすることが出来ます。

昔、knightの中村さんがライターメーカーの方に聞いたそうです。どうして電子ライターで火がつくのか?だったかな…
その方が言うには容量放電だけでは着火することは難しく、誘導放電でじわじわ着火しないと着火しないそうです。

逆に、CDI等の容量放電では低抵抗コードは有利になりますね。
それは、CDI等の容量放電は容量性(コンデンサ)を大きく取ってその放電時間を長くしているそうです。純正のシステムで容量放電の時間を長くするのと同じことです。

ここからは私の無い頭(電気工学)の知識でお話しますので、参考程度にしてください。
CDI等の容量放電で低抵抗コードが有利な理由は、容量性(コンデンサ)が電圧を蓄えるもの(実際はエネルギーですが)ですので、直列にプラグコードの抵抗が入るとプラグの電極間の電圧が抵抗分で電圧をロスして着火できないほどではありませんが、さがってしまいます。電圧はなるべくなら高いものを持続した方が良いです。

逆に誘導放電で純正プラグコードが有利な理由は、容量性(コイル)が電流を蓄えるもの(これも実際はエネルギーですが)ですので、直列にプラグコードの抵抗が入ると放電時の電流を緩やかに持続させることが出来るからではないでしょうか?それに純正の放電システムは初期の容量放電で絶縁破壊を起こしていますので、誘導放電でなるべく長く放電させるために抵抗のあるプラグコードだと思いますよ。

ということは…、プラグ近辺にアースを取ってプラグコードに巻いたアルミテープと導通させると…容量性が増えて着火がよくなるってことなのかな???

以上、長文失礼いたしました。
mavis
投稿日時: 2005-5-9 21:36
-100mmHg
登録日: 2005-1-6
居住地: 千葉県
投稿: 20
Re: 抵抗値とノッキングの関係
↑ログインして投稿したのに通りすがりになっちゃいました。
名前入れといて良かった
RE-77
投稿日時: 2005-5-9 22:26
-100mmHg
登録日: 2005-4-20
居住地:
投稿: 28
Re: 抵抗値とノッキングの関係
mavisさん、こんにちは。
大変参考になりました。詳しくありがとうございます。
アース付きの低抵抗レーシングコードはショップでよく売ってますね。
CDIとセットになったホットワイヤーとかが売ってますが
買おうか考え中です。多分、買います

低抵抗コードのみですと、0.6以上の高ブーストでノックが出るらしいですが、ブーストコントローラーで0.6以下に設定すれば問題ない様です。今は、試しに純正コードに戻してみたんですが今まで楽に登れていた坂が登りません・・・アクセルのツキ、レスポンスも1テンポ遅れる感じです。低抵抗コードでCDIをプラスすれば着火力が上がりそうなので試しに今度購入してみます。

(1) 2 3 »
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ
Copyright © 2003-2008 FC3S.jp